ヨーロッパ紀行 - スペイン・バルセロナへの旅 2010

スペイン・バルセロナへの旅行記をお届けします。
HOMEオランダ観光レストラン&カフェプチホテル・B&Bふぁいる旅-ヨーロッパPROFILECONTACTLINK

 スペイン・バルセロナ滞在1週間 2010

今日は一日、モンジュイックの丘を散歩します。天気があまりよくなく、バルセロナの町展望!…のはずが、ほとんど 見えなかったのが…ちょっと残念。

 Day 5

今日は日曜日。市内に出かけても、お店も空いてないだろうし…と、モンジュイックの丘に出かけることにしました。 朝は、だんながアパートの前のパン屋で、出来立てクロワッサンを買ってきてくれました。クロワッサンと言うと、 フランスが思い浮かびますが、こちらのクロワッサンも大ぶりで形が良く美味しいです。

モンジュイックの丘はアパートから歩いていくのが一番近く便利…というわけで、歩いて行きました。もちろん「丘」 ですから、途中からはずーっと階段の上り…。朝の天気は曇りだったので、歩くのにも支障はありませんでした。

公園の階段をずんずん上ると、大きな道路に突き当たり、たくさんの観光バスが行き来していました。 左手のほうに、バスから降りて歩く人々が見えたので、そちらのほうへ。

ミロ美術館


建っていたのは、ミロ美術館。白くてとても綺麗な建物でした。眺めも良さそうです。

私たちは、特に美術館に行く予定もなかったので、そのまま歩き続けました。 その先に、あったのは…。バルセロナオリンピックの水泳高跳び会場。1992年ですよね。岩崎恭子ちゃんが金メダルを 取ったあのオリンピック…。確かにあれから18年も経っているけど…しかし、建っているゲートとか…ホント、ボロボロ。 ちょうどこのとき、冬のバンクーバーオリンピックを開催中でしたが、輝いているあのオリンピックも、18年後には こうなっちゃうんだ…と思うと、なんだか色あせてくるものを感じました…(汗)。

展望スポットからの眺め


さらにその先に向かうと、展望スポットになっていて、町を眺望することができました。この日は曇りで…ちょっと かすんでいるのが残念!!

のんびり見ていると…何台も何台もバスがやってきて。それが、全部日本のツアー会社がチャーターしたバスなんです。 どうやら、この定位置がバスの停留場所らしい…。それにしても、バスを降りて、みな、一通り写真を撮って…また みなバスに乗って、どこか次の停留所に向かう人々。その時間、わずか5分??確かにツアーはラクだけれど、 ああやって停留所まで行って、数分降りて見て…、という感じに観光を続けるだけじゃ、やっぱり記憶に残るものが 少ないのではないかなぁ〜と思いました。やっぱり自分の足で歩いて、迷って、、、で、初めて「あそこは大変だった。」 とか「面白かった」とか、、、そんな体験ができるような気がする…。

そんなワケで、私はツアー旅行ってほとんどしたことがないのですが、再びそんなことを思いつつ…次から次へと 降りてくる人々を見ていました(←そういう私は相当のんびりここにいたってコトね…苦笑)。

豪華客船が何艘も停泊中


この辺りは、観光客目当てのスリがいる、って書いてあったので、相当気をつけていました。確かに…なんでこの人 ココ、歩いているんだろ…てな感じの、怪しい独り歩きの人がいた!!!だって、私たちがあれだけのんびりそこにいたのに、 その人は、あっちに行ったり、こっちに行ったり…あれは絶対スリだと思うわ。 というわけで、バッグには気をつけつつ…、バルセロナの町や、港に停泊している豪華客船を眺めていました。

ロープウェーも港方面に向かっています


相当のんびりした後、さらに上に向かいました。途中に公園があって、家族連れで大賑わい! 勾配を利用してできた、けっこう高くて急な滑り台があって、りすちゃんくらいの子供たちが、せっせせっせと 滑っています。もちろん、りすちゃんも大喜び。勾配を利用しているので、階段がなくって…親が付いていないと ちょっと危なかったけど、頑張って坂を上って、勢いよく滑り降りていました。

滑り台をすべるりすちゃん


こういうところで、のんびりと周りの人々を眺めていると、スペインの家族の様子が垣間見られるようです。 一度、りすちゃんが勢いよく滑っていったところに、下から上る女の子が来て…二人は衝突してしまいました。 もちろん二人とも大泣き。そのとき、下で見ていたその子のお父さんは、その子を引きずり降ろして、 「XXXXXX(たぶん滑り台で下から登っちゃ衝突して危ない、だと思うけど…)」と怒った後、 その子を少し離れたベンチに座らせてしまいました。その子は、その場で うつ伏せになって号泣です。たぶん…家でも、悪いことをすると、どこかに座らせて反省させるのかな? 昔、アメリカでホームステイしたときも、お父さんが子供に怒って、一箇所で反省させていました。 それと同じだな〜スペインでもこういう風に子供を叱るんだな〜なんて思いつつ、うちの子のことはだんなに任せて 私はそっちを眺めていました(苦笑)…。日本は、あんまり、こういう風に叱らないと思うんだけどね。

霞んでほとんど見えないけど…聖家族教会が見えます


しばらくして、再び上に向かって歩き始めました。後ろを振り向くと、町が一望できて…ここまで来ると なかなか素晴らしい眺めです。ただ、曇って霞んでいるのが残念…。晴れていればさらに素晴らしいと思う。

頂上にある城跡


さらに上を目指し…ついに頂上の城跡に到着。ここからぐるーっと城壁を一周して、その後、城内に入りました。 今日は日曜日だからか、たくさんの人々がこの城壁付近を散歩していて…平和なバルセロナの休日そのものって感じでした。

城内のカフェテリアのようなところでちょっと遅めのお昼ごはん。ここに入るのは無料なのに、きちんと無料トイレまであって… えーーーー?ヨーロッパで完全な無料トイレ(しかも綺麗)!!と、ちょっとオドロイタ。こういうところで驚くって…私ってかなり ヨーロッパに染まってる?!ヨーロッパで完全無料トイレに出会ったのは…イギリスの南部以来かもしれません。

そうこうしているうちに雨が降り出した…。城跡の展望台から眺める風景は…雨でさらに真っ白。残念…。




雨がどんどん降ってくるので、急いで下に降りることにしました。上がってくるのはけっこう時間がかかったけど、雨の中、急ぎ足で 坂道を降りるのは簡単で…あっという間に下界へ。雨はどんどん強くなってくる…!!大通りを抜け、ランブラス通りの最南端に位置するコロンブスの塔の前へ。 この日は、ちょっとしたアンティーク市も行われていたようだけれど、突然の雨に、店じまいを始めていました。ゆっくり眺められず、、、残念。

頂上にある城跡


雨がひどくなってきたので、どうしよう…と思っていると、橋を渡って皆、ショッピングモール・マレマグナムへと向かっています。 日曜日なのにオープンしているんだ!!!…と私たちも行ってみることにしました。

南国らしい雰囲気があるショッピングセンター付近


中は…ババ混み!!!雨が降ってきたから、みんな、ここにやってきた、そんな感じです。疲れているのに座るところさえ見つからない〜〜(涙)。

FCバルセロナのお店


FCバルセロナのお店があったので、入ってみました。うーーーん、今季のフォワードは、ズラタン・イブラヒモビッチとティエリ・アンリかぁ〜。 どっちも嫌いなんだよね〜(苦笑)。こんな人たちの顔が入ったモノなんて絶対に買う気がしないわぃ!!と、一人ぶつぶつ言いながら… 結局隅々まで見る私。りすちゃんも、おもちゃ屋やキティのお店でかなり粘って、あれこれ物色していました。

そうこうしているうちに、5時を廻って…さあ、今日も「夕飯どうしよう…」です。一日歩きまわって相当疲れているし。今日は早目に 食べて早目に帰りたい…そんな風に思っていると、このモール内で、ビュッフェスタイルの「食べ放題」のお店を発見。一律10ユーロ弱で、なんでも食べて良し、 というのです。中を見ると、けっこう混んでいるし…まあ、今夜はこれでいいや、と入ってみることにしました。

…ま。味は…期待してなかったけど、やっぱり期待に値しない味でした(苦笑)。でも、味はともかく、スープ、ジュース、デザート、サラダ、 メイン(といってもパスタとかピザ)、コーヒー、、、全部込みですから。メインはまったく美味しくなかったので、たくさんの野菜を食べて おきました。ま、旅行中の野菜不足解消にもなったし、これでよしとするか。 なんといっても、安く済んだしネ…。連日のレストラン探しも疲れるしネ…。6時過ぎ、再び橋を渡って、地下鉄に乗ってアパートに向かいました。

だんだんと薄暗くなって…。明りが綺麗です。


今日はお早い帰還です。りすちゃんも、部屋で遊べたし…私たちものんびりできたし…、ま、こんな日が旅行中の真ん中にあるのも 良いことです。





 お薦めのコンテンツ


とっておきのヨーロッパ

ガイドブックとは一味違うとっておきヨーロッパ

ヨーロッパ紀行

ヨーロッパ各地の旅行記です

ヨーロッパのプチホテル・B&B

ヨーロッパ各地のお薦めプチホテルやB&Bをご紹介しています


Copyright (C) そらのおらんだ通信
All Rights Reserved.