スペイン・バルセロナ 2010 春

Barcelona, SPAIN - DAY 3

今日は行ったところが閉まっていたりして…ちょっぴり(かなり?)失敗の一日。のんびりもいいけど、やっぱり最低限の下調べは 必要だな~と再認識した日でした。



今日の日程は、かなりあいまい。まず市歴史博物館に行く、これくらいしか決まっていませんでした。もし市歴史博物館の入場券が共通券になっていて、その中にペドラルベス修道院も 入っていたら、そこにも行こうか、と言っていました。しかし…開館時間を調べていなかった…ここに本日の失敗が始まるのです(涙)。

いつもながら、遅い出発。10時過ぎ頃、家を出ました。毎日りすちゃんが外出したがらず、ご飯を食べて、テレビを見てから外出するので、 どうしても遅くなってしまいます。まずは、市歴史博物館に行くことにして、地下鉄に乗ってLiceu駅へ。そこからバリ・ゴシック地区の狭い道を たどり、サンジャウマ(Sant Jaume)広場に到着。ゴシック地区には、アンティークショップや小さなお店がいっぱい並んでいて、歩いていて楽しい地区です。


ゴシック地区の狭い路地。実際には狭い路地に日が差し込んで、とてもいい感じなのですが…写真だと薄暗くって怪しい感じですね…汗。


EUの旗…かな?


ベネチアにちなんだアーチが見えます

今回何故市歴史博物館に行こうか、ということになったかというと、地下にローマ時代の遺跡がずらっと発掘されている、というガイドブックの記事を読んで、 イギリスのバースで見た遺跡のようなものが見えるのかな~、と思ったのです。私は高校で世界史を勉強しておらず、どうにも「世界史」的なことに疎いのですが、 こちらに来て、ローマ人の遺跡や情報を見るにつけ、ローマ人の暮らしって、昔にしてはやけに豪華で近代的だな~という印象があって、興味があるのです。

本当は、もっと本格的に関連本を読んで勉強したほうがいいのでしょうが…そこまでしてないところが、まあ、中途半端な私ですね(汗)。 まあ、そんな独断と偏見の私の好みなので、だんなは行きたかったのかどうか…?!


博物館とカテドラルの間

博物館はあまり大きくなく、このローマの遺跡が中心でした。私自身は、なるほど、なるほど、となかなかのモノでしたが、りすちゃんは暗いところで 怖かったらしく、だんなにしがみついていました。だんなも興味はそこそこって感じ…汗。まあ、普通の人ならば、迷わずピカソ美術館に行ってください、って 感じですかね(苦笑)。


1時過ぎ、博物館を後にしました。

ジャウマ駅前にあった古くかわいらしいベーカリーで、パンやチーズケーキを購入して、地下鉄とFGCを乗りついで、 エリセンダ駅へ。降りるお客さんは、ティーンの学生さんばかりで、とってもにぎやか。天気もとても良くなって、気持ちがいいくらいです。 この辺りは、バルセロナの郊外で、大きなお家があったり、学校があったり…かなりのんびりしています。なかなかいい雰囲気だなぁ~と 思いつつ、10分ほど歩くと、ペドラルベス修道院の案内板が見えました。修道院の前が、広場になっていたので、そこでまず 買ってきたパンとチーズケーキを食べました。

大きなワンちゃん二匹を放し飼いにして、おしゃべりしている男の子&女の子のグループがいて、 一匹のワンちゃんが近寄ってきました。大きなワンちゃんなので、怖かったらどうしよう…と思いましたが、このワンちゃんが…本当に きちんと飼育されていて、「どうぞ、食べていいよ」と言いながらパンの切れ端を渡すと遠慮しがちに食べるのですが、自分からは絶対に「欲しいよ~」と 催促しないのです。ずいぶん礼儀正しいワンちゃんだね、と三人でうれしくなってパンをあげてしまいました。


修道院前の広場にて

さて。お腹もいっぱいになったし、そろそろ修道院に行こうか…と入り口を探すのですが、入り口が見つからない。。。どこなんだろう~と、あちこち 見て歩くと…なんと先ほどの広場の前の門が入り口で、その入り口が…閉まっていたのでした(涙)。

冬季は2時まで、夏季が5時までOPENだったのですが、私たちが持っていたガイドブックには正しく記載されていなかったのです。 時間を見ると、現在の時刻は午後3時前…。ああ、どうやっても間に合わなかったか…。がっくりです。 行けない、となると、無性に行ってみたくなるものです。ガイドブックを恨めしく眺め、がっくりする私たちなのでした。



のんびり、も良いけれど、やっぱり最低限の下調べって大事です…。今までの旅行は、私が90%予定を決めていて、前もってほぼ完璧なスケジュールを 組んでいたので、行ったら閉まっていた、ということはありませんでした。今回の旅行は、珍しく何も調べなかったので…とほほ。 しかし、嘆いていても、中に入れるわけではナシ…。仕方なく、先ほど来た道をUターン。再びFGCに乗って、中心街に戻ります…。

さて。これからどうしましょう。FGC内でだんなと相談。とりあえず、終点のカタルーニャ広場で降り、絶対に見逃したくない「カタルーニャ音楽堂」の 予約をしに行きましょう、ということになりました。カタルーニャ広場に着き、広場も見に行くことにしたのですが…。

ここ、怖かったです~~。何百羽のハトが…餌をくれる人めがけて飛びまわり…ぎゃーーーーー!!!!怖すぎる~~の世界…。自分の目の前をかすめて 飛んでいくので…いや、ほんと、怖かった。ハトが嫌いな人は絶対に行かないほうがいいです(汗)。…写真は冒頭の写真。写真を撮るのも命がけ…とは言いすぎか…💦

早々にカタルーニャ広場を後にし(苦笑)、歩き始めると、観光案内所(i)が見えました。何事も下調べって大事…それを痛感した私は、 この旅行期間内に行こうと思っているモンセラート修道院の行き方をしっかり確認しておきたい、と案内所に寄ることにしました。 案内所では、行き方、電車の時刻などを教えてもらって、一安心。実際にこれがとても役に立ったので、行っておいて良かったです。

この辺りは、ショッピングストリートになっているので、カタルーニャ音楽堂に行くまで、タラタラとお店を見て歩きました。 冬物がセールになっていたので、りすちゃんの洋服を購入しました。Tシャツも欲しかったのですが、 こちらはサイズは売り切れ…。それじゃ、春物でも…と思って、春物を見ると、全部半袖(!!)。スペインってやっぱり南国なんですねぇ~。 春物が半袖とは!!オランダでは、半袖はあまり役に立たない(本当に短い期間しか利用できない)ので、諦めました。

タラタラと歩いて、音楽堂に到着。到着したのは4時半過ぎでしたが、案の定、今日の分は売り切れ…。ま、今日入れる、とは思っていませんでしたけどネ。 それでも翌日分は、すべてのチケットの購入が可能だったので、11時の英語分のチケットを購入して、音楽堂を後にしました。

さて。時刻は5時頃。何しましょう。とりあえず、早目にご飯を食べて、本日行われるハズの噴水ショーを見に行きたい、ということになり、 ご飯を食べられる場所を探しました。スペインって…この早目のご飯探しが難しい。。。入れそうなお店はないだろうか…と、きょろきょろしながら、 カタルーニャ広場に向かって歩くと、外に定食メニューが出ているバーのような場所を発見。 「夕食を食べられるのでしょうか?」と聞くと、厨房に確認してくれてOK、といってくれたので、そこに入りました。


ちょっとおしゃれなバー

あんまり人も入っておらず(当然ながら、誰もご飯なんぞ食べちゃいない)、美味しいかどうか疑問符がついたので、メニュー解読を熱心に行わず、 スープやスパゲッティなどベーシックなものを注文しました。しかし、出てきたものは、おしゃれなお皿に盛られた食べ物で、どれもまあまあ、なかなかなお味でした。 なーんだ、こんなことなら、熱心にメニュー解読して、お魚かお肉でも頼めば良かった、という感じでした。 昨日もそうだったのですが、ここでも女性の店員さんがやさしく接してくれました。

夕方6時半前、このバーを後にし、地下鉄に乗ってスペイン広場へ。地下鉄から、スペイン広場に上がると、雨が…。ぎゃ~~。しかも、噴水ショーはすぐそこなのに、 先日の見本市の解体作業で、通行止めになっていて、ぐるっと一回りしなければ、噴水までたどり着けなかったのです。しょえーーー不便~~!! 仕方ないので、三人無言で歩きました…。りすちゃんも、可哀想に、一生懸命雨の中を歩きました。途中で、どうやら一回目のショーが終わったらしく、人がどんどん こちらに向かって歩いてきます。子連れの人、バギーを持った人が多く、この噴水ショーは子供向け?!りすちゃんも喜ぶかも~~とちょっと期待…笑。


ものすごいライトに照らされた噴水

到着したとき、ちょうど音楽が休憩時間に入っていたので、簡単にフェンス前をゲット。ラッキーなことにこの頃、雨もやみました。そして、 しばらくすると、音楽が流れて、噴水ショーが始まりました。 音楽に合わせて、無数のライトの色が変わったり、噴水の高さが変わったり…噂通り、素晴らしいショーでした。りすちゃんは…残念ながら、 怖いって言ってたんですけど。何が怖いんですかね。。。?


次々変わる噴水の高さ

本当に奇麗で、終わった時点で、無数の拍手が!!私も、何やら興奮して拍手してしまいましたが、いったい誰に?!って感じですね(笑)。 このときは、怖い、といっていたりすちゃんですが、帰ってから私の撮った短いビデオを見ると、何回ももう一回と言ってビデオを眺め、 バックに流れていた炎のランナーのテーマ曲をフンフンと歌い続けていました(笑)。


何が怖いんだろう…?

8時頃、噴水ショーが終わり、歩いてアパートへ。大通りではなく、小さな通りを歩いて行ったのですが、通りに小さなお店 が多数あって、主婦と思われる人がお肉屋さんや野菜屋さんで夕飯の材料を買い求めていました。スペインの買い物って…8時過ぎなんだ…。 夕食が9時なのだから、当たり前っていっちゃ当たり前なのですが、なんかびっくりしました。

小さな通りを歩いて行ったので、無事アパートを見つけられるか心配でしたが、なんとか大丈夫でした。家に帰って、りすちゃんの寝る支度をしていると、 バケツをひっくり返したようなものすごい雨!!!どひゃーーーーー!!!!しかも、途中から雷雨に変わって、りすちゃん、 悲惨な顔をして、毛布にくるまっていました。しかし、そのまま寝てしまい、結局、今日はラクな寝付けでした(苦笑)。私もシャワーを浴びて、寝ましたが、 夜じゅう、ものすごい雨が降り続いていました。