ドイツ・ワインの名産地モーゼル川地方の旅 2010

Bernkastel-Kues 2010 - DAY 5

今日はトリーアからモーゼル川沿いの小さな街ベルンカステル・クースに移動します。



3泊したトリーアのこのリゾート・ホテルともお別れ。開放感あふれる可愛らしいリゾートホテルだったし3泊もしたので すっかりなじんでしまい、なんだか去るのが名残惜しい感じ…。


バイバイ・ホテル

荷物を持ってバス停へ。ちょっと早目に出たのですが…時間になっても来るはずのバスが来ない…。どうなってるんだろう。 今日の電車&バスの乗り継ぎはかなり本数が少なく、ひとつの遅れが大々的な遅れになってしまうので、かなり焦りました。 結局、待っていたバスは来なかったのですが、別のバスが来たので飛び乗りました。

トリーア駅で切符を買ってベルンカステル・クース行きのバスがあるヴィトリッヒ(Wittlich Hbf)まで行きます。 電車に乗っている時間は30分ほど。近い、近い。その後、 バスの時間までかなーり待ちましたが、待っている人は何人かいたので、心理的にも寂しくもなく、ぼけーっとしていました。 バスに乗り込み、しばらくするとワイン畑が見えてきて、うぉ~!と思ったのですが、そのうち、またもや…寝てしまいました。

本日泊まる予定のホテルに到着し、ここで料金についてひと揉め(汗)。いや、、、実は出かける直前から、りすちゃんの エクストラ・ベットについて確認したところ、雲行きが怪しく、大丈夫なのか???という不安を持って出たのですが、 つくと案の定…私がインターネットで予約した内容とホテルの要求する内容が違うではありませんか。

レセプションのオーナーさんに「エクストラ・ベット代に一日15ユーロ追加が 必要」と言われたのですが、こちらも強く「予約したサイトでは無料って書いてあったから予約したんです!!」と 何度も食い下がると、「じゃぁ、いいですよ!!!お金払わなくても!!!」と大声で言われてしまった、、、。 気分悪~い。

綺麗なホテルだったけど、町の中心から離れるし、ワインの町らしい雰囲気というよりむしろオシャレな 都会のビジネスホテルという感じだったので、別にここにしなくても良かった!!と後悔しきり(涙)。 この町に来るのをとても楽しみにしていたので…こういう問題が起こると悲しいですネ。。。いつも選ぶホテルについては 問題ないので、かなりガッカリ。。。

でも。まあ。結局、怒鳴られたけど、追加料金を払わなくても良い、と言われたし~。気を取り直して、街へGO!! 途中、歩く道すがら可愛い家(民宿)の前に「部屋空いてます(zimmer frei)」という看板を見かけるたびに、 ああ、あのホテルを解約してここにした~い…と思いましたが(苦笑)、まあ、、、次回来ることがあったら、 民宿に泊まってみることにしましょ。


ベルンカステル・クースは、モーゼル川を挟んでクースとベルンカステルの二つの町から構成される町なのですが、 有名な木組みの家に囲まれたマルクトはベルンカステル側にあります。 たくさんの観光客がいて、華やかな雰囲気。古い噴水も花に飾られてステキです。

上の写真は、私が中学生の頃、家にあったドイツ紹介の本の見開きにあった写真とまったく同じ構図で撮った写真。 あの頃は、まだ海外旅行なんてめったにすることがなく、ドイツなんて本当に遠い遠い国でした。 へぇ~、ヨーロッパってこんなところなんだなー、なんて思いながらペラペラとめくった記憶が 懐かしい。。。そして、今、写真と同じ場所に立つことになる、なんてね。まさかあの写真がこんなドイツの奥地で 撮られた写真だったとは…あの頃は知る由もありませんでした。こう考えると世界はやっぱり狭く・小さくなったのか…?

さすがにここに来る日本人はあまり多くないらしく、見かける観光客はオランダ人をはじめとした西欧人ばかり。 しかし、ここの本当の観光シーズンはブドウの収穫時期である10月上旬らしく、比較的どこの宿にもまだ余裕がある ようなのでした。黄金色に染まるブドウ収穫時。さぞやロマンチックなんでしょうね。その頃に来て見たいです。

明日乗る予定の船の情報、そして帰りは船ではなくバスで帰りたいのでバスの情報を観光局で貰い、 お昼ご飯を食べ、また小さな町をぶらぶら。我が家はオランダの習慣のごとく、お昼はあんまり食べないのですが、 ここでは軽食を見つけることができず、昼間っからシュニッツェルを食べてしまいました。そして、そのあと、アイス・カフェも 見つけてしまったのでアイスまで食べてしまいました。お腹がいっぱいです。さて、散歩ですが、この町は建物の壁にブドウの枝が巻きつけられているところが多く、 なんていうかとても可愛らしい。



ワインを売るお店もゴロゴロあって、テイスティングもできるようです。 この辺りはワイナリーが直接お店を持っていて、個人向けにも販売してますが、業者向け・レストラン向けなどにも 売り込むらしく、取扱量がものすごい!!お店の中に入ると、業者さんなのか?本当に熱心に選んでいる人もいました。 私なんてせいぜいグラス一杯飲めるかどうかですもんね、、、(汗)。ま、私の事はさておき、 飲めない人でもこの雰囲気はとっても楽しいです。飲めたらもっと楽しいんでしょうけど!!


夕食時間が近づいてきたので、お店探し。でも、、、お昼にたくさん食べてしまったので、あんまりお腹が空いてないなぁ~。 軽くちょこちょこがいいのだけれども、ドイツのこの辺りはどこも似たりよったり? 何故か良く分からないけど…あんまり美味しくもないイタリアンのお店、またはドイツ(お肉やシュニッツェルなど)系のお店。

さんざんぐるぐる回って、結局一番お手頃値段の書いてあるお店にしました。お手頃値段ならお皿も小さいかな、なんて…笑。 あんまりお客も入ってないし、お手頃値段だったので、それほど期待してなかったのですが、意外と美味しく、そして量も多すぎ!!! ということもなく、ここにして良かったです。良い判断でした。

レストランの後、ホテルまでぶらぶらお散歩。


モーゼル川・ライン川を下るクルーズ船も停泊中

ライン川・モーゼル川はドイツでも有数の川クルーズ地帯。船は細長いのが特徴で…ここにも停泊していました。 リバー・クルーズなんてステキ~一度参加してみたい!と、こちらのツアー情報を見ていたところ、年齢層が…ほとんどの参加者が 60歳以上だったので躊躇してしまいました。。。ははは。あんまり年齢層が高くてもねえ…場違いかな、てな。


途中で遊具のある小さい公園があったので、りすちゃんが喜んでいたのですが、雨がぱらぱらーと降ってきたかと思うとあっという間に ざんざん降りになったので、木陰に避難。そのうち雨がやんだので、急いでホテルに戻りました。虹も出て綺麗でした。 ホテルの部屋で少しのんびりした後、就寝。明日のクルーズが楽しみだなあ。