ドイツ・ワインの名産地モーゼル川地方の旅 2010

Trier 2010 - DAY 2

今日はルクセンブルグ市内観光の後、電車に乗って、国境を越えてドイツのトリーアに向かいます。



朝早く(何時かは分からないけれども…6時?)、お向かいのノートル・ダム大聖堂のカリオンが鳴りました。そのせいか? カトリックの学校に通っていた中高時代の夢を見ました…(笑)。シスターなんかが出てきちゃったような…(苦笑)。

朝食を取りに朝食ルームへ。とても明るい真っ白い部屋で、ここもとってもモダンなデザイン。朝食は至って普通…。 朝食後にチェックアウトし、荷物はホテルに預かってもらいました。なかなか良いホテルでした。 まずは、そのお向かいのノートル・ダム大聖堂へ。これを書いている今、記憶がまったくないので(汗)、、、こちらも 至って普通の教会だったと思われます(苦笑)。その後、旧市街&お店を散策。なかなか良いお天気です。


しかし、ルクセンブルグって…まったく謎です。お土産屋さんで、ロイヤルファミリー のような人たちが映った絵葉書が売られていたのですが、見たこともない方たち…。これはいったい誰でしょうネ~、 と聞いてみても、だんなも「さあねぇ?」の一言。歴史についてもよく分かりません(その後、調べてみたところ大公ご一家でした)。 ルクセンブルグの人で 知っている人!!といえば、先日のツール・ド・フランスで2位になったアンディ・シュレックくらいしか頭に 浮かばず…近隣国とはいえ、話題にはあまり上らない小さい国なのかもしれません。

お店は、フランス、ベルギー、ドイツ、そしてオランダのチェーン店などが立ち並んでいて、買い物天国って感じ。 可愛い子供服のお店も何軒もあり、どこもセールをやっていたので、つい興奮してりすちゃんの洋服を買おう!と 意気込んでしまいました。結局、かわいらしいズボンを一着購入!!!フランスのお店らしく(名前がフレンチなので…という明確さに 欠ける情報ですが。。。)どの洋服のデザインもオシャレでした♪

ともかく昨日マイ・スーツケースが壊れてしまって、頭の中はそのことで一杯。ここでスーツケースを買わなければならない?! って感じにどよーんとしていたのですが、新しいのを買って古いのを捨てていく決心もつかないし…くよくよしていると、 だんなが「壊れていても移動できない程じゃないから今買わなくてもいいよ」と言ってくれたので、とりあえず買うのは辞めました。 …でも、カバンのお店があると気になっていたなぁ~(苦笑)。

ショッピングストリートはモダンな感じですが、少し歩くとすぐに緑が深い渓谷にたどり着きます。 今日は特にやることもないので、上からぼーっと転々と並ぶ住宅街を見たり、遠くを走る列車を眺めたり…。


少し歩くと渓谷が広がるルクセンブルク市内


人通りも少ない旧市街の一角

昼食時間になったので、どのお店に入るか…で、だんなとかなり揉めて結局1階がお惣菜屋やパティスリー類を売るお店で2階がレストランに なっているお店に入りました。とても混んでいました。この国は、英語・フランス語・ドイツ語が通じるらしく、注文も楽ちん。 ベルギー南部だと、フランス語しか通じなかったりするので…さすが!!金融でEUの重要な役割を果たす小国…という感じがしました。

その後、ぶらぶらしながらホテルに戻り、荷物を受け取って駅へ。だんながゴロゴロすごい音を立てながら(汗)私のスーツケースを 運んでくれました。途中で、どんどんタイヤのゴムが欠けていき、最後はゴムがなくなってしまいました…。

ルクセンブルグからトリーアまでは、1時間弱。途中、モーゼル川沿いを走ったりするらしいのですが…、すっかり爆睡してしまい、 気が付いたらトリーア近郊までたどり着いておりました(汗)。トリーア駅に到着後、スーツケースをごろごろ転がしながら、 ポルタ・ニグラの前にある観光局へ。ここで3日間有効のトリーアカードを購入しました。トリーアカードは、トリーア市内の 公共交通機関が無料になったり、観光施設入場に割引が効いたりするカードです。私たちのホテルは、少し離れたところにあったので このカードを購入することにしていたのです。

ポルタ・ニグラも観光局も観光客で大賑わい。天気も良いせいもあるけれども、いい感じぃ~です。観光局に力を入れている市って 絶対に観光が楽しい街!!…それが私の持論です。事前にトリーアの観光局にいろんな観光パンフレットを送ってもらったところ、 ものすごい分厚い封筒が届きました。もうそれだけで、私なんかトリーアびいきってもんです(笑)。

しかし、このとき、またまたハプニングが。カードを購入している間、りすちゃんがいなくなってしまったのです。 だんなは「どうしてちゃんとりすちゃんを見てなかったんだ!」と私をなじり、大声で子供の名前を呼びながら走り出してしまいました。 結局、外のポルタ・ニグラ前に、、、他の観光客と一緒に楽しげに座っていたのですが…だんなは彼女を大声で叱りつけていました。 手もがくがくと震えていた…。彼が見つけて帰ってくるまでの間、私もバクバク。 とにかくすぐに見つかって良かった、良かった。いつもはどっかに行ったりしないのだけれども…やっぱり小さい子は一瞬でも 目を離してはいけない!!と思いました。すみません、、、。


バカンス気分になる公園の中のホテル

バスに乗ってホテルへ。歩けない距離ではないんですが…子連れでは往復は厳しいです。バスだとあっという間でしたが…。まあ、 私たちの場合は、私のスーツケースが壊れていたので、これだけ歩くのは不可能だったと思いますが…。私たちが宿泊するホテルは、 公園の中に立つホテル。

Hotel Nells Park

最初は、市内の便利なところに立つホテルにしようか?とも思ったのですが、この緑溢れる雰囲気…がどうにも魅力的で ここにしました。私的には大正解♪バス停を降りて、公園内に入った途端、のんびりとした雰囲気になって、 バカンス気分UP!!すっかりうれしくなってしまいました。ここはどうやら結婚式の人気スポットでもあるらしく、 毎日何人もの花嫁さんたちを見ました。最初に見た花嫁さんはとっても綺麗なドイツ美人!!だんなさんは…熊みたいにひげをたくわえた人で だんなも私もけっこうびっくりして眺めてしまいました。まさに「美女と野獣」って感じ。いや…ひげが生えてるくらいで 「野獣」って失礼なんですけど!!


ホテル内もバカンス風

ホテル中も私好みの「バカンス・ホテル」という感じで、すっかり気に入ってしまいました。お部屋も…バルコニーつきの可愛らしい お部屋(しかし、2018年の今は改装してずいぶん違う雰囲気の部屋となったようです)。エクストラ・ベットを入れると、少し狭くなってしまいましたが、なんのその。私もりすちゃんもステキな雰囲気に大喜びでした。 特にりすちゃんは、チェックイン時に子供パッケージの箱を貰ったので、大喜び。中にはお菓子やら、ゲームやら、、、が入っていました。 いかにも子供にやさしい「ドイツ」って感じです。


お部屋もかわいらしい

少し部屋で休んだ後、夕方6時半ごろ夕食を取るため、再びバスに乗って中心街に向かいました。明日はゆっくり市内見物なので、 ポルタ・ニグラや気になるお店、マルクト広場などを横目に見ながら、レストラン探しです。


すでにお店は閉まっているので道は閑散


とりあえず本日の記念撮影

だんなのガイドブックに載っていたレストランに行きたかったのですが、なんと夏休みでお休み…!!そういうコトもあるのね…。 そんなワケでその近くにあったレストランに入りました。

Stratos Schlabbergass

お値段の手ごろな簡単カフェ・レストラン、、、といった感じで…、トリーアにはたくさんのWeinstubeと呼ばれるレストランがあるので、ここを 敢えてお薦めしませんけれども…(一応、リンク貼っておきました(笑))。

トリーアはモーゼル・ワインで有名なところなので、どこのレストランでも飲み物はワインが主流です。モーゼルワインは「白」が主流なので、 私たちもいつも白ワインを飲んでいました。美味しい!!ちなみに辛口の白ワインは「Trocken(トロッケン)」です。ドイツ語は全然分かりませんが、 この言葉だけは覚えました♪ドイツの料理はシュニッツェルが多く、そればっかり頼んでいたのですが…お肉の煮込みなんかも美味しいみたいなんで もうちょっとメニューに格闘して、色々挑戦してみれば良かったな、、、と今更思っています。この日のオーダーは…たぶんシュニッツェルその1だった気がします(笑)。

9時ごろバスでホテルに戻って、その後、寝る支度。このホテルにはウェルネス施設(サウナ)があるので、入りたいと思っていたのですが、9時半までしかOPENしていない、 ということでこの日は断念。明日はやってみるぞ!!!と明日の予定を考えつつ…この日は終了。