ドイツ・ベルリン滞在1週間 2009

Berlin 2009 - DAY 6

今日はベルリンにあるお城・シャルロッテンブルグへ。その後、ベルリンといえば…の有名デパートKaDeWeへ行きます。



今日は、またまたお城見学。本日は、ベルリン市内にあるシャルロッテンブルグ宮殿です。我がアパートの最寄り駅からは、 郊外をぐるっと回るSバーン(東京で言う武蔵野線のような感じ)に乗っていけばスグ…で、10時に家を出ると、 10時半頃過ぎには、シャルロッテンブルグ城に到着しました。ここは、戦争でかなり破壊されてしまいましたが、 現在は綺麗に修復されており、18世紀の優雅な雰囲気を存分に楽しめるお城になっています。

本日も暑い一日で、まだ朝だというのに太陽はじりじりと地面に照りつけ、駅からお城まで歩いただけでも、 あー暑い…と思うような暑さです。しかし、お城の外には、結婚式の団体やら、仮装した案内人やら、観光客で一杯。華やかな雰囲気 に包まれていて、お城に着いた途端に、やれ写真撮影だ、やれ見学だ、と暑さのことは忘れてしまいました。


お城前で結婚式の写真を撮る人々

ポツダムでもそうでしたが、ここのチケットも一箇所の内部見学チケットを買うよりも、いくつかの見学場所を見れる総合チケットを 購入したほうがお得になるように設定されていて、ここでも総合チケットを購入。うまくできてます…(苦笑)。


主な見どころは、Altes Schloss(古宮殿)とNeuer Fleugel(新翼宮)。両方とも同じ建物内ですが、入り口が違います。 ポツダムのサンスーシー宮殿のように時間予約制ではないので、混んでいなければすぐに入れます。

古宮殿のほうは、オーディオガイドに沿って、廻ることになっていました。実はこれを書いている今、すでにここを訪れてから 1年も経ってしまっていて、記憶が…遠のいてます。というかほぼ真っ白(汗)…。覚えているのは、建物内のチャペル、そして (中国・日本)の陶器のお皿・壺が壁一面に埋まっている「陶器の部屋」。今まで色々なお城・宮殿を訪れましたが、 この「陶器の部屋」のように一面陶器が埋まっちゃってます、、、という部屋は初めて。なので、斬新な感じがしました。


新翼宮のショップにて…

新翼宮のほうは、自由に拝見できるようになっていて、自由度は(サンスーシ宮殿と比べると)かなり高し。全体的に 警備の方々も、東欧風というより西欧風で、やさしかったです(苦笑)。こちらは、ゴールデン・ギャラリーという42メートルもの長さを 持つ広々としたホールが圧巻でした。


新翼宮にて

すでにお昼をずいぶんまわってしまったので、近くのカフェに行くことにしました。ここはポツダムのサンスーシ宮殿に比べて…目の前に カフェがいくつもある~~♪あー、食べるところがあるっていいコトね♪となんだかシンプルなことがやたらうれしかった 記憶があります(それほど辛かったんでしょうか…サンスーシ?)。


フラムクーヘンを食べる

入ったカフェはまさに「西側」的なカフェで、お店のお兄さんたちも皆フレンドリー。フラムクーヘン(うす焼きピザ)もとても美味しく 大満足でした。しかし…ここで。りすちゃんが、ジュースのグラスを倒して割ってしまいました。しょえーーー。 お兄さんたちはすぐにやってきて綺麗に拭いてくれました。これもまさに「西側」的な対応(笑)。

最後のレシートに「チップは含まれてません」とわざわざ大きく手書きで書いてあって、暗にこの壊してしまったグラス代+対応代を 要求してきましたが…。まあ、こういう場合、払うのは当たり前ですよね。気持ちよくチップを渡しておきました。


庭も広大なシャルロッテンブルグ宮殿

昼食後、また宮殿に戻り、広大なお庭を散歩しました。宮殿内から庭を眺めるのも素敵でしたが、庭から眺める宮殿も素敵でした。

庭散策を楽しんだ後、ベルリンで有名なKaDeWeデパートに行くことにしました。やはり…大きな都市に来たからには、大都市にしかないモノを見なければ…。 とても暑い日なのに、地下鉄の駅まで全然歩かないりすちゃん…。だんながまたまた重そうに抱えて歩きます。しかも、、、駅が遠い…。 駅に行く道のり途中、なんだか素敵な雰囲気のアパートがずっと並んでいました。この辺りは、まさに「元」西ベルリンの高級アパート って感じ。この辺りにアパートを探しても良かったかもなあー、と指をくわえて眺めている(?)私でした。


元西側一番のKaDeWeデパート

KaDeWeの駅に到着すると、なんだか人がたくさん。賑わっています。ベルリンは、いまだ西側と東側に大きな商業街があるって感じ。 ま、東京なんて、あちこちに商業街があって。東京のほうがやっぱり大きい気がしますけどネ。


デパートに入ると、ちょうど月着陸から40年が経ったということで、その時の様子を再現した人形等が展示してありました。 さらに中に進みます。このKaDeWeは、ヨーロッパ最大のデパートというだけあってやはり大きいです。そして、デパートに入ると、急に東京に戻ったような気分になります。 デパートの中の雰囲気って、世界共通のような…。パリに行った時も同じこと思いましたけど。

それにしても。子供服売り場に行ったけれども、少し探して、あ、欲しいものはナイわ、と即座に思った私。デパートって 欲しいものがありそうでないっていうのも、世界共通かも(?)。パリでもがっかりしたのよねぇ。高いブランドを 寄せ集めているんだけど、なんか…集めている商品そのものは特徴がないというか。高いだけなのよ~~。 ドイツのブランド、たくさん良いものがあるのにねえ。。。どーしてそういうものが置いてないのかしら?!

というわけで、すぐに諦めて、6階のフードコーナーへ。ここは、有名なだけあって、さすがにレベルが高い。 外国のガイドブックに乗っていた「魚が氷に乗って展示されている」のは、日本のスーパーに毛が生えた程度?って感じだったけど…(苦笑)。 すっかりうれしくなって、ついつい、お惣菜(サラダ)やケーキに手が伸びて、本日の夕食はここでゲットって形になってしまいました。

お惣菜をゲットしてしまったからには、、、アパートに帰って夕食にしなければ…。というわけで、結局このフードコーナーを見た後、地下鉄に乗って アパートのある駅まで戻ることにしました。駅のスーパーで、ドイツ風ソーセージなどを購入して、家でささっと準備。簡単な 夕食の出来上がり~。

本日の夕食なり。

結局夕食・片付けが終わると、けっこういい時間(8時半過ぎ)となって、りすちゃんは就寝時間。そのあと、のんびりガイドブックなどを 眺めて私も眠ってしまったのでした。