ドイツ・ベルリン滞在1週間 2009

Berlin 2009 - DAY 5

今日は比較的のんびりの予定で、朝一カフェ。その後、ポツダム広場と絵画館へ行きます。



今回、ベルリン旅行でやりたいことは、カフェで美味しいスイーツを食べたい、ということでした。美味しいトルテはオランダでは食べられないし、大都会ベルリンならば…という 気分だったのです。前もって調べていたのが、カフェ・ブッフヴァルト (Cafe Buchwald) 。

お店のサイト: カフェ・ブッフヴァルト (Cafe Buchwald)

ここの HPのトルテを見た瞬間、絶対行かねば…と思ったのです。本来ならば、観光の合間に…と行きたいところですが、地図を見ると駅から近くて便利な場所にあるのですが、 私たちの行きたい観光地からはちょっと離れたところにあって、合間に…というのは難しい。それならば、まずはここに行こうじゃないの…と朝一番の訪問に決めたのです。 ちょっとヘンなスケジュールですけどね…。

というわけで、今日は朝10時頃家を出ると、まずはここに向かいました。今日は昨日よりさらに気温上昇!だそうで…確かに朝から暑いです。カフェに着くと…さすがに 空いていました。というか、誰もいない…(当たり前だと思うけど…)。そんなわけで、ケーキを選び、エレガントな部屋を独占してのティータイムとなりました。 けっこういいかも♪…こういうのも。私が選んだのは、チョコレートコーティングされたバウムクーヘン。なんといっても…ドイツはバウムクーヘンの国ですし。 カフェの雰囲気もとってもオールドファッションでステキだし、 朝の心地よい風に吹かれて…とても優雅な時間を過ごすことができました。もちろんケーキも美味しかったです。


バウムクーヘン。絵がかわいい


オールドファッションな雰囲気漂うカフェ内


カウンター内も趣があります


カフェの外観 - 1852年創業

カフェタイムを満喫した後、地下鉄に乗ってポツダム広場へ。ここは…20年前のベルリンの壁がなくなる以前は、まさにこの広場の真ん中を壁が走っていて…誰も近づかない さびれた場所だったそうです。戦前は、ヨーロッパ一賑わった場所だったようですけれども…。現在は開発が進んで、この辺りはモダンな建物がいっぱい!!… ただ、まだ空いた空間も多かったので、この訪問からさらに10年近く経過した今現在(2018年)は、さらに都会になっているに違いありません、


2009年時のポツダム広場はこんな感じ

そんなポツダム広場の「顔」といえば…ソニーセンター!!大きなモダンなコンプレックスの中に有名なソニーセンターが 入っています。東京に住んでいたとはいえ、、、今はすっかりオランダの田舎で暮らす私にとって この建物は…おぉぉ~!と口をぽっかり開けてみる、超モダンなモノでありました(苦笑)。今は不況でソニーも元気がありませんが…、それでも こうやって有名な場所でその場所の顔となっているのは(日本人として)うれしいものです。


ガラス張りの中にビルが建っている!

このコンプレックスの中には、シネマ・ミュージアムやレゴランド(小さなやつ?)があり、どちらも中には入らなかったけれどもショップだけ見ました。 ドイツの映画やマリーネ・ディートリッヒが好きな人はこのシネマ・ミュージアムも訪れるにはいい場所だと思います…。私は、全然知らないので、辞めておきましたが…。


Legoでできたキリン。子供と比べてどれだけ大きいか分かるってもの。

レゴランドの前では、りすちゃんがレゴのおもちゃに夢中になってしまい、動かなくなってしまったため、、、かなりの時間をここで費やすこととなってしまいました…。 ま、今日はのんびりだから、、、いっか~。たまには子供サービスです!


レゴに夢中

十分遊んだ後に、絵画ギャラリー (Gemaldegalerie) へ。ここからは、そう遠くはないのですが、やはり今日は相当暑い!!!今日一日、ずっと外で過ごすのは辛そう…。 ちょっと歩いただけで、暑さにぼーっとなってしまいました。

絵画ギャラリーのある文化フォーラム(Kulturforum)には、たくさんのミュージアムが入っていて、チケットを一枚買えばどこにも入ることができます。 ここのミュージアムだけでなく、博物館島のミュージアム、ダーレムのミュージアムなども共通チケットになっています。

ベルリンの国立博物館

これって、一日芸術を楽しみたい人にとっては、ステキ!…でも、子持ちで一日ミュージアムが無理な人にとっては…あ~、せっかくチケットあるのに、、、もったいないわぁ… となんだか悔しい気分。。。こんな風に思う私って、セコイ奴かも(苦笑)?

ここの絵画館は…思っていた以上に素晴らしかった!!!かなり膨大な数のコレクションがあるのに…このコレクションのどれもが素晴らしい絵画ばかりで、、、 どの部屋も見逃せないのです。(ドイツの画家)ルーカス・クラナッハの絵がステキなのは当然としても…私にとってなじみのあるオランダ絵画も相当たくさんの コレクションがあって素晴らしかったし、しかもどれも質が高くて見とれてしまうようなものばかりでした。

有名なボッティチェリやカラヴァッジョなどの イタリア絵画も数が多くないものの、こちらも質高し!!私の好きなアントワーヌ・ヴァトー(フランス)の絵もとても素晴らしいものでした。

というわけで…どこの部屋も気が抜けない、気が抜けない…。いつもだと、こんな大きな美術館は、あ~ここは飛ばせ、飛ばせ、といくつかの部屋は 素通りすることが多いのですが、ここはどこもじっくり見なければならず、結局(やっぱり)ものすごい時間がかかってしまいました。

かわいそうなのはりすちゃんです。ずっと静かにしているのは、かわいそうだから…と、キャンディーを与えていると、監視員のおばさんに「ここは禁止よ」と申し訳なさそうに 言われてしまったため、キャンディーを与えてあげることもできず、別の部屋では、椅子に座って遊んでいると、怖そうなおっさんにえらい勢いで (ドイツ語で)怒られてしまい…親子二人で恐縮したり…。とってもいい子にしていたのに、それでもやっぱり長い時間を過ごすのは厳しいものがありました。 そりゃ、、、こんな立派な絵画コレクションを持つ美術館なんだから…厳格なのも当たり前なんだけどね。。。途中で迷子になってしまうわ、怒られるわ、、、で 散々な目にあった、りすちゃんなのでした。…というわけで、子連れにはお薦めできません!!

ようやくほぼすべてを見終え、併設されたカフェ・レストランに行きました。もう時間はかなり遅く、こりゃ、昼ごはんなのかなんなのか分かりませんでしたが…(苦笑)。 りすちゃんもようやくソーセージやらジュースやらを食べられて、お店のお姉さんにやさしく声をかけてもらって、、、うれしい時間が戻ってきたようです。ホッ。 ミュージアムショップを見て、外に出るとすでに5時。外はまだモォ~と暑い熱気でいっぱいでした。

今日はショッピングもしたい、、、と、ポツダム広場にあるショッピングセンター 「Arkaden」 に 行ったのですが、、、ここは私の想像していたようなお店はなく、数も少なく…イマイチでした。せっかくだからアイスクリームでも食べよう… アイスの国に来たんだから、、、と、行列ができているアイス屋でアイスを買って食べると、これが美味しい~♪♪


必死に食べる、目が真剣!

それにしても。ここを訪れた時は夕方の6時過ぎで、日本で言うとまさに「夕飯時」だと思うんだけど…アイスカフェはとても混んでいて、皆、ものすごい大きな アイスクリームを注文しておりました(※上の写真の後ろに映っているおじさんのアイスを見よ!おじさんの頭くらいありまっせ?!)。 ドイツ人の夕飯事情ってどうなんだろー…と、つい疑問に思っちゃいましたね。オランダでは、6時は夕飯時または夕飯後なので、こんな大きなアイスを 注文する人はあまりいないんじゃないか、、、と思われます。


それにこのメニューを見て!子供用のメニューなんだけど、アイス・スパゲッティとかアイス・ハンバーグとか…見ただけで「ウエェェェ~」て感じのものがいくつもあって ビックリ!ドイツのアイス事情って…す、すごい…。4ユーロでこの量だと安いと思うけどねえ…健康上どうなの?って気がしてしまいます。

アイスを堪能した後、アパートに向かいました。 7時過ぎにアパートに戻り、簡単パスタスープを作って夕食。今日は8時半頃には後片付けも終了できたので、夜、少しのんびりする時間がありました。 りすちゃんも、家から持ってきたDVDを見て、とてもリラックスできたようです。小さな子供にとって…やっぱり楽しいコトって、観光なんかじゃなく 家でのんびり遊んでいる時間なのかもネ…。ちょっと苦笑してしまう私なのでした。