イギリス・クリスマス2006

12月の英国への旅行日記をお届けします。
HOMEオランダ観光レストラン&カフェプチホテル・B&Bふぁいる旅-ヨーロッパPROFILECONTACTLINK

 英国 - クリスマス旅行(2006年12月)

今日はテムズ川、サザーク(Southwark)付近をお散歩。午後は聖ポール寺院を訪れ、 ちょっとした事件が…(笑)。夕方にはコベントガーデンを訪れ、クリスマス気分を味わいました。

 Day 9

朝は8時頃、りすちゃんの泣き声で目が覚めました。起きて着替えたり顔を洗ったりして、下のブレックファストルームへ。 りすちゃん用の可愛らしいアンティークのベビー椅子とこれまた古そうなアンティークのおもちゃが置いてあって、 りすちゃんもご機嫌。やっぱりベビー椅子があるとラクチンね。りすちゃんのご飯も用意してもらい、私たちも 落ち着いて朝食をいただくことができました。

朝の朝食でご機嫌のりすちゃん


今日の予定は新しく開発された地域、テムズ川沿いのサザーク(Southwark)エリア散策です。私たちが泊まっているのは ロンドン西地区で、東にわざわざ出向くのも何か…て感じなのですが、結局翌日もさらに東のグリニッジに行ったので、 ほんと、西地区に泊まる意味がなかったです…。予約した時点ではどこに行くか決めていなかったので、仕方ないのですが〜…。

お天気は本当に快晴!!10時頃、張り切って外に出ました(って遅いですよね…)。地下鉄の駅もすぐ見つかり、一日トラベルカードを 購入していざEmbankmentヘ。地下鉄だとそれ程時間もかからず、目的地に到着することができました。ここからリバーサイドウォーク開始!! です。今日は天気もいいし、Frost Fairというフェアをやっているせいか?すでに家族連れがたくさんいて、賑わっていました。 こういうのどかな場所だと、赤ちゃん連れでも気分がラクチン!

テムズ川とりすちゃん


見よ!この快晴を!!




寒い冬だときっとテムズ川から冷たーい風が吹き込んで、すっごく寒いのでしょうが…今年は暖冬!そして私はいつもの厚着(笑)! で気持ちよく歩けます。OXOタワーなど、見上げながらスッタカタッタッターと進みます。テイト・ブリテンの前で、フロストフェア なるものをやっていて、それに関連するのか?アラスカ犬(かシベリア犬)を発見!子供たちが行列を作っているので、私たちも とりあえず(?)後ろに並んでみました。とにかく混んでいてなかなかワンちゃんたちに近づけなかったのですが、ついに 人々を押しのけて、りすちゃん、ワンちゃんに遭遇!!…しかしながら、人も多いせいか、彼女、ここでは犬に注目!!ということが 分かっていなかったようです…がっくし。(この日から数ヶ月経った今では、指差しもはじまり、生き物に興味がでてきたようだけど、 このときはまだちょっと早かったのだな。。。)

りすちゃん、犬に注目だってばぁ〜


お、ついに犬との遭遇。。。


まずはお目当ての場所でお昼を食べるべく、、、と、そのままフロスト・フェア開場をつき抜け、テムズ川沿いを歩きました。フロスト・フェアの関連でか、 ボート競走も行われ、それを応援する若いガール・ボーイたちでババ混み!…いったい、フロスト・フェアとは何なんじゃ。。。最後まで よう分からんかったのだが…。そのまま歩き続けると、、、これまたものすごい込みあったマーケットに到着しました。 ん?なになに?Borough Market...?

ブリジットジョーンズでおなじみ


あ!!!ここ、ブリジットジョーンズのダイアリーで使われた場所だ!私はすぐにピンと来ました。だんなに「こ、ここは…ブリジットが 住んでいた場所では?!…」と、慌てて訴えると、「あれ、そうだっけー?」とのつれないお言葉。おいおい。だんなの同意は得られなかったが… いや、確かにそうである! ブリジットファンとしては、、、見ればすぐに判るのである!(←本当のファンだったら、ちゃんとこの場所を知っているハズでは…)

どっかに彼女のアパートがあるはず、と、くるくる見渡しましたが、結局それらしき場所は見つかりませんでした。オランダに帰ってから、 インターネットで調べると、一つ隣の通りだということが判明し…ああーーー、がっくり。まあ、次回に訪れることにいたしましょう。。。

カラフルな花たち


このマーケット、土曜日ということもあるのか、すごい人たちで賑わっています。どこのお店にも行列が出来ていて、人々はサンドイッチやら パンやらお肉やらケーキやら…購入していました。ケーキ屋でも、ケーキを購入してその場で食べている人がたくさんいて、ちょっとびっくり。 ケーキの立ち食いはあんまり見かけませんからねえ。そして、季節柄、クリスマスツリーもたくさん売っていました。実際に ここでツリーを購入し、カップルでえっさほいさとツリーを担いでいる人たちも見かけました。ライブリー感溢れるステキな場所! いっぺんで気に入ってしまいました。

クリスマスツリーも買えるよ




さて。今日のお昼ご飯は今回の英国旅行のひそかな追及…(?)。バース、レイコックに続き3度目の…パブ、「George Inn」を訪れることです。 いや、本当はたまたまだったんですがね。しかし一回の旅行で3度も同じ名前のパブに行くとは、、、よっぽど人気の(よくある)名前なんですかねえ。 そして、今回のGeorgeはこれまた年季が入ってます。なんとあのチャールズ・ディキンズも訪れた、という…。今はナショナル・トラストの管理の下、 パブが続けられいます。近代的な建物の中、ひっそりと残る古い建物は昔はコーチハウスとして使われたのだとか。中に入ると、 バーはババ混み。土曜日の昼間っから飲む人がどっさりいるんだねえ。奥に入ると、席が空いていたので、座ってメニューを見、 注文に行きました。この後、瞬時にして、全ての席が一杯になってしまったので、、、早く来て良かった〜。ここにはベビー椅子が なかったので、仕方なく、私とだんなと交代でりすちゃんを抱っこしました。ここでも、隣に座っている熟年(?)カップルが にっこり笑ってりすちゃんに話しかけてくれて、りすちゃんがうるさくしても、なんとなくホッとしたような気分でいました。 でも。。。お腹が空いたのか、りすちゃんは大騒ぎ。二人で交代であやさなければならず、まずはだんなが食べ、その次に私が食べ、、、 と時間がやたらかかりました。ほんと、外食もいいけど、大変であるよ。。。

ちょっとゆがんでます。年季の入ったGeorge Inn


昼食が終わり、またまた今来たボローマーケットを経て、テムズ川沿いに戻ります。今度はミレニアムブリッジを渡り、聖ポール寺院を 訪れよう、というのであります。午後になって、Frost Fair付近はさらに混んできました。バギーで前に進むのも困難なほど。。。 だから一体このFrost Fairとは何やねん…。ようやくミレニアムブリッジの袂に到着して…ほっとする私たち。

橋の上から見ると、人、人、人


ミレニアムブリッジは今回初めて渡ったのですが、けっこう狭い小さい橋なんですねーー。私、高所恐怖症ではないんですが、、、 恐怖症の人はちょっと怖いんでは?!(←え?そんなことない?!)。手すりの下が思いっきり開いていたので、モノを(カメラを) 落とさないようにしなくっちゃ…と、それだけが気になっちゃいました。青空のもと、橋をぐんぐんと渡っていくと、 白く輝く聖ポール寺院がだんだんと大きくなっていき、、、綺麗でした。

ミレニアムブリッジを渡る




橋を渡り終えると目の前にはどーんと聖ポール寺院が聳え立っています。すごいです。でかい!!!しかも、輝いていて、眩しい〜!! 大きすぎてどこが入り口かさっぱり分からなかったのですが、くるくる回って入り口を見つけました。ものすごい階段。これを 登るのかー。。。ちょっとバギーではひるんでしまう角度&高さ。無難に車椅子のマークが入った入り口から入るのが良さそう、、、と 思った私たちはそちらの入り口に向いました。そこでは、ちょうど、、、結婚式をやっていて、多くの人たちがわんさかと出てきた ところでした。綺麗なカッコをしていた人たち、カメラマンたち。なんだかかなりお金を掛けた結婚式って感じ!! 私たちは完全に場違いでありました…。「すみません」「ごめんなさい」と謝りながら(でも、謝る必要もないと思うんだけど?!だって ここ、入り口なんだもん!)、入り口に入ると、受付も何もなく、もういきなり寺院の中。えぇ?タダで入ってしまった?!小心者で、 ちょっとびくびくした私は、本当の入り口のところまで行って様子を伺います。どうやら皆、お金を払ってチケットを貰って入っている 様子。うーん、どうしよう、と思いつつ、結局、お金を払いませんでした。あわわ。でも小心者だから、しばらくの間、かなりびくびく してたんだけど…。

ちなみに写真撮影禁止の内部


気持ちが落ち着いたあと(笑)、中を見て回りました。ドームの天井がとにかく豪華!!あまりの豪華さに圧倒されてしまいます。 座って、じーっと眺めます。このドームは登ることができ、「ささやきの回廊」では対側からささやかれたどんなに小さい声でも 聞き逃すことがないのだそうです。その話を聞いて、登りたい!と思いましたわ。私。そういう不思議なことって、大好きなのよねぇ〜。 でも。りすちゃんを連れて250段もの階段を登ることなんてできません。だんなと入替えで登るのじゃ、ささやいてくれる人がいないし〜…。 というわけで、あきらめました。残念。下から上を見ると、人々が小さく見え、このドームがいかに大きいのか、を物語っていました。

上には上れなかったけれど、地下には降りました。えっちらおっちらりすちゃんのバギーを抱えて…。地下はたくさんの方のお墓、 記念碑があって、ちょっぴり怖い感じ。どこの教会も、豪華さ、大きさetc.違いこそあれ、目的は同じです。それは…お墓ってことね。 どこにいっても私の場合、「この人のお墓が見たい!!」という感情が現れたことがなく、ここもさらーっと見て終わり。 ヨーロッパではお墓がけっこう観光地になっていたりするけど、是非この人のお墓が見たいって思う人が多いってことなのかしらね?

さて。地下のチケットチェック口を出て、トイレに行くことにしました。私がまずトイレに行き、次にだんながトイレに行き…次に りすちゃんのオムツを替えようと、もう一度私がトイレに入りました。しかし、誰かがオムツ替えルームを使っていて、なかなか 空きません。かなりの時間を待ちましたが、タイミングが悪いのか、全然ダメ。最後に「全然空かないから、ちょっと、だんな、 男子トイレのオムツ替えルームでりすちゃんのオムツ、替えてきて」と頼んで、私はその前にあったショップを覗きに行きました。 しかし。しばらくすると、「おいおい!」と私の名前を大声で呼ぶ声がします。だ、誰だ〜?って、だんなしかいないか。。。

いつもは冷静なだんながあんなに大声を出すなんて、ナニゴトか?と、慌ててお店を出てトイレの前にいくと、オムツ丸出しで 大声で泣いているりすちゃんを抱えただんながいます。「な、どうしたのよ?」というと、だんなはすごい怒って「オムツを 替えている間に、りすちゃんがおしっこしちゃった」といいます。前にもいいましたが、だんなは普段はおっとりのんびり。 しかし、その性格が災いして?か、ちょっと焦るような状況になると、対応できず怒ったようになってしまうのです。。。

少しりすちゃんを調べてみると、靴下こそ濡れていましたが、ロンパースはほぼ濡れておらず、トイレの前にあった長いすに 座らせて、ロンパースを着せ、ズボンをはかせました。靴下は脱がせて持っていた新聞にくるくるっと巻いて、バギーの下に 入れます。とにかく興奮して泣いているりすちゃんをなだめ、大丈夫、大丈夫〜、と笑ってあやすと、ようやくりすちゃんの 泣き声も止みました。りすちゃんをバギーに乗せ、はだしでは寒いので、持っていた小さなフリース毛布を足にくるくると巻きつけ ました。その後、おしっこで濡れてしまったオムツ替えシートをちょちょっと洗って、はぁ〜…なんとかなりました。

その頃にはだんなも落ち着き、でも、もうここにはいたくない、ということで、なんとなく後味は悪かったのですが、 聖ポール寺院を後にしました。何をした、というわけでもないのに、この最後のトイレにやたら時間がかかって(かなりの間、 待ったりしたので)、外にでるともう4時前。本当はこの後、ロンドン博物館に行きたかったのですが、今から行っても1時間しか 見られないのではね、、、ということであきらめました。その代わりに、どこに行きましょう?りすちゃんは毛布を巻いている とはいえ、裸足だしねぇ。少し悩んで、コベント・ガーデンに行くことにしました。



コベント・ガーデンまでの道のりはかなり厳しかった。地下鉄で、セント・ポールからコベントガーデンまで、一回乗り換えなんだけど、 この地下鉄(セントラルとピカデリー)、古いんだね。きっと。エレベータなんてそんなものは全然なく、エスカレータでさえ、 ほとんどなし。上がったり下がったりの階段があちこちにあって、だんなはバギーを抱えて大変そうでした。距離にするとほとんどない と思うんだけどね…。車両も小さく、バギーだと邪魔になるし、このラインは子連れには厳しいなあ〜。

コベントガーデンのツリー


コベントガーデンにようやくたどり着き、地上に上がると、すごい人ごみです。わわわわ!!!人ごみに流されるようにコベントガーデンに 向いました。ここでもバギーはかなり邪魔になり、前に進むのも難しい。立ち止まるのも難しい!!そんな中で、だんなはU2のボーノの 似顔絵を発見!!弟がU2狂いなので、お土産に、と購入することにしました。でも、やっぱり、立ち止まれない!!ブースに近寄れない!! …まずは少し空いているところまで流されて行き、私とりすちゃんはそこで待つことにしました。この人ごみじゃ、何か一つ買うのも 大変じゃわ。。。(笑)。結局、この後も、皆で一緒にお店を見る、ということが難しいということが分かり、二人で代わる代わる お店を見て、一人はりすちゃんと一緒に空いているところで待つことにしました。

待っている間、サンタの格好をしている人が100人以上通り過ぎたり、、、(さすがコスチュームが好きなイギリス人!!)、 ステキな4重奏のクリスマスコンサートが始まったり、、、と、クリスマスムード満点!!ただ、ぼーっと待っているだけでも、 十分楽しめました。

有名な場所。コンサートをやってました。


ベビー服のお店があったので、「ちょっと覗いてくるからちょっと外で待っていて!すぐ戻るから」とだんなにいって中に入りました。 と・こ・ろ・が〜。ここがハマッタ!!私の大好きなタイプの洋服ばっかりだったのです。お店の名前は「Monsoon」。 イギリスではどこにでもある大きなチェーン店なんだね。ここのお洋服、刺繍やレースがいっぱいあってほんと、可愛い!! 私が理想とする女の子の服がたっくさん置いてありました。あ、これも欲しい、あ、あれも!!たくさんの洋服をかかえ、 どれにしようか悩んでいるところに、だんなとりすちゃんが入ってきました。すぐ戻るから、、、と言って入ったのに、 全然戻ってこないからーーー、って。でへへ。あれこれ悩んだのだけれど、やっぱりお安くはないので、結局一番気に入ったパンツ 一枚を購入しました!!

購入したパンツ


だんなはその他にクリスマスグッズを購入し、彼も大満足。なんとなしに来たコベントガーデンだったけど、ものすごく楽しかった。 「ロンドンのクリスマス」を満喫!て感じで。

クリスマスらしいサンタハウス


さて。時間も6時頃になったので、夕飯を食べよう!ということになりました。この近くには中華街があるので、本日は中華で!! 中華街に向う途中に、さっきの人たちか分からないけどたくさんのサンタ服の人たちがいて、皆、ちょっぴしアルコールが入っているのか? ご機嫌!!わーわー大声で盛り上がっていました。いったい、なんなんだろ…。いつも良く分からないイギリスのコスチューム人たち。。。

中華街にはたくさんのレストランがあって、どこに入るか非常に迷うところだったけど、ええい!と入ってみた。ちょっと混んでいて、 ベビー椅子がないのが、問題であったが、まあ、なんとかりすちゃんのバギーをテーブル脇に押し込んだ。窓に面した席で、たくさんの 人が通り過ぎるのが見える。

お互いに好きなものを選ぶことにし、私は卵スープと豆腐の料理(名前は忘れた)、だんなは酸辣湯と酢豚を選び、チャーハンと野菜 炒めと一緒に頼みました。しばらくすると、隣に日本人のカップルが座り、男性がうじうじと(?)仕事の文句を言い始めた。どうやら駐在員らしい。 何を言っているのか分からなかったけど、多くの男性ってああも仕事のことを愚痴ったりするのが 普通なのかしら。うちのだんなはともかく、うちの父も全然しなかったから…。なんだかお二人の雰囲気が暗そうなんで、ちょっと気に なったけど、食べてるものは美味しそうだった。りすちゃんもスープやら豆腐、色々美味しそうに食べていた。従業員のおねえさんが何度もりすちゃんのところに来て、 すっごく可愛がってくれて、りすちゃんもうれしそうだった。

食べ終わって私がトイレに行っている間、りすちゃんはだんなと外を眺め、たくさんの通り過ぎる人たちがりすちゃんに向って手を振ったり、 ヘンな顔をして笑わせて通り過ぎたり、、、と、色んなパフォーマンスがあったらしい。すっごく楽しかった、とだんなが興奮気に話していた。 そんなに楽しかったんだったら、私もトイレなんかいかずに見てれば良かったわ。。。

レストランを出て、ピカデリーまで歩き、今日は電車で帰ることにした。帰ってお風呂に入って、ミルクを 飲んで、、、としているうちに10時になってしまった。りすちゃんにとってかなり遅い就寝だわ。





 お薦めのコンテンツ


とっておきのヨーロッパ

ガイドブックとは一味違うとっておきヨーロッパ

プチホテル・B&Bふぁいる

ヨーロッパ各地のお勧めプチホテル、B&Bを少しずつご紹介中

オランダ観光案内

オランダ旅行の方はこちらをご参照ください


Copyright (C) そらのおらんだ通信
All Rights Reserved.