イギリス・クリスマス2006

今回はクリスマス時期の英国への旅行日記をお届けします。
HOMEオランダ観光レストラン&カフェプチホテル・B&Bふぁいる旅-ヨーロッパPROFILECONTACTLINK

 英国 - クリスマス旅行(2006年12月)

今日はグリニッジにお出かけ。グリニッジマーケット、旧王立天文台、マリタイム博物館を訪れます。 夕食は、、、食いっぱぐれるのでは?というくらい、レストラン探しに苦労した一日でした。

 Day 10

本日も朝は8時頃、りすちゃんの泣き声で目が覚めました。夜寝るのが遅くなっても毎日同じくらいに起きるりすちゃん。 赤ちゃんって不思議。さて、今日の予定はグリニッジにお出かけです。今日は日曜日なので、有名なマーケットも賑わっているかな。

朝食を取りに下に下りると、昨日この家でマリーさんの家族がクリスマスパーティをやったとかで、マリーさんの家族が泊まりに きていました。孫の男の子、女の子がたまに覗きに来て、こちらの様子をうかがっていました。でも、りすちゃんは 全然お構いなし。朝食を食べるのに必至です(苦笑)。私たち以外に泊まっている南アフリカから来たおじさんは、歯医者だとかで、 3ヶ月ごとに仕事で南アフリカからロンドンにやってくるんだそう。歯医者で3ヵ月ごとの出張、、、。なんだか良く分かりません。相当腕が いい歯医者でロンドンで特別な施術なんかやってるんだろうか。元々はイタリア人で、オランダ人の妻を持っているそのおじさんは陽気そのもの。宿はいつもこの B&Bで、「ここはロンドンの僕の家なのさ」と言ってました。確かに気兼ねなく泊まれる朝食付きの一軒家って感じだもんね。

おじさんとあれこれおしゃべりを楽しんだ後、またまた10時頃、家を出ました。一日トラベルカードを購入し、Monumentまで行き、 その後DLRに乗り換え。昔は川の手前までしかDLRは運転していなかったようですが、今は川を超え、グリニッジまで一本でいけます。 その時間も20分ほどで、あっという間です。どうも日本の本や雑誌を見ているとグリニッジ(郊外)までお出かけ、といったイメージ ですが、今やカナリーワーフ、ドッグランドなど、東側もかなり開発が進んでいるらしく、あまり郊外というイメージではありません。

DLR-カナリーワーフ付近


グリニッジに到着し、まずはカティ・サーク号(帆船)を見にいきました。が、しかし。オフシーズンだからでしょうか。 帆が美しいというそのサーク号はものの見事に解体されていて、その姿は哀れ!原型を留めていませんでした。お掃除中 なんですかね。美しい写真を撮るぞ!と思っていただけに。ううーん。残念。

仕方ないので、グリニッジマーケットを見に行くことにしました。このマーケットは、、、芸術家たちが自分たちの好きなもの を売っている、て感じで、バッグやら洋服やら面白いアートやら、、、ここにしかない一品がたくさんあって見ていて楽しい! すっかり気に入ってしまいました。マーケットに併設されたショップで、とても気に入った可愛らしいバッグを見つけたのですが、、、 £190!!日本円で4万円以上?!た、高すぎー。と、すぐにあきらめました。ポンドって高すぎ。ぐっすん。。。

写真は夕方のマーケット




マーケットを周った後、昼食をとりにテムズ川のリバーサイドを歩きつつ、またまたパブへ出かけました。ここで有名なパブは カティ・サーク・ターバン、そしてトラファルガー・ターバン。私たちはカティ・サークのほうを目指して歩いていたのですが、 中に入って、、、アンティークな階段がででーんと構えているのを見て、ここで食べるのを辞めました。理由は、急な階段をバギーを 持って歩くのは怖い!!…ということからなんですが。。。仕方ないので、ここに来る途中にあったパブ、The Yacht(だったと 思う)に入ることにしました。こちらも階段はあることにはあるのですが、それ程の高さではなく、窓際からはテムズ川が眺められます。 日曜日はサンデー・ランチ。昼間から肉やら重たいメニューを食べるのがイギリス風!てなわけで、、、私はサーモン・パイ、だんなは エール・パイを頼みました。ま、味はイギリスらしい大味ながら、、、(決して美味しいというわけではない?!)すごい量でありました。

昼真っから、ででん!と食べる


昼食を食べ終わり、そこからグリニッジ旧王立天文台に向いました。公園の丘の上に建つ天文台に向かって…りすちゃんのバギーを一生懸命押しながら 進みます。公園はとても広く、気持ちいい公園で、こういう公園、、、いいよなあ〜、となんだかやたら気分良く歩いてしまいました。

丘の上に建つ…天文台


ようやく天文台に到着。ここからの風景は有名。高台からはロンドン市内遠くまで見渡せる絶好の場所なんです。今は冬至間近で、日が 低く昼間でもちょっぴり薄日なんですが、今日は快晴ということもあり、遠くまで綺麗に見渡せました。

写真はちょっと薄日ですが…


今日は日曜日。多くの観光客がこの風景を楽しんでいました。

昼間とは思えない薄日ですが…




天文台は無料なのですが、チケットを貰う必要があり、チケットブースでチケットを発券してもらいました。無料なのにチケット発券 とは…なんて複雑なシステムを持っているの?とちょっと驚いてしまいました。経費がかかってムダだなー、とつい経費のことを考え ましたが、きっと訪問者の人数をカウントする必要があるんでしょうね。

大きなドームが目印


中に入ると、有名なグリニッジ子午線が。。。ありました、ありました!!ここが経度0度の世界の中心地点なんです!! たくさんの人たちが、子午線をまたいで写真撮影をしているので…私たちもりすちゃんのバギーをまたがせてみました。

りすちゃんも世界の中心で…叫ぶ(?)


たくさんの人が興奮して線をまたいで撮影!


子午線の先には…デジタル時計が。これがグリニッジ標準時なんですね。記念に訪れた時間を撮影しておこう、と 思ったのに、カメラで撮影すると文字が壊れてしまう…何故なんだ?というわけで、何時に訪れたのか、、、今や 定かではありません。

グリニッジ標準時


建物の中は博物館になっており、昔の天文家たちの生活、実際のこの建物における星の観察の様子などを知ることが出来ました。 昔の天文家って…夜観察しなければいけないので、孤独で大変なお仕事だったのねーーー。今だって「夜のお仕事」という 点では変わりがないんだろうけどさ…。

博物館は階段があり、バギーを持ち込めなかったのでだんなと交代で見に行きました。お陰で時間がかかった…。 最後にショップを見て…ようやく終了。天文台を後にしました。



また坂を下りて、次は国立海事博物館(Maritime Museusm)に向いました。もう時間も3時を回っており、長い間見ることはできない、、、 とは思いつつ、いけるところまでGO!です。しかし、時間が押しているのに、今日は空がとても美しく、だんなと私(特にだんな!)は 写真を撮るのに(またまた)必至で、なかなか先に勧めず…ずいぶん経ってからようやく建物内に入ったのでした。 。ま、別に「これを見なくては!」というものがあるわけでもないんだけど…。

美しい空と雲


建物内では、北に向かった探検隊、世界一周をめざした探検隊、深さに挑んだ探検隊、、、など、さまざまな過去の探検模様が 描かれていて、「過去に男たちが目指した未知への探検」にワクワクしました。

この探検物語以外に見たのが「ネルソン提督」のコーナー。ネルソン提督…といえば、トラファルガー広場の高い塔の てっぺんに立っている男性ですが…。私は歴史は大好きなのですが、高校時代に世界史を選択していないため、この人がいったい どのような人であるのか?恥ずかしながら全然知識がありません。。。!!なんでこの人がトラファルガー広場にいるのか、、、とかね。 しかし。今回彼がトラファルガーの海戦でイギリス軍に劇的な勝利をもたらした後、自身は狙撃兵の銃弾に倒れ死す、という 彼のドラマティックな人生を知り、、、イギリス人が当時どんなに彼に熱狂したのか?が、分かったような気がしました。 実際に彼の顔が描かれたグッズが山のように出回り、皆グッズを買いあさった、、、そうで、たくさんの当時のグッズが展示されて おりました。

博物館入り口


そうこうしているうちに時間切れ。最後にミュージアムショップを見て、外に出ました。外はもう真っ暗。もうグリニッジを 去るのか…ここ、意外と良かったな。。。そんな風に思いながら、グリニッジを後にしました。

グリニッジからナイトブリッジへ。やっぱりハロッズの装飾を見たいよね、、、ということになりまして。しかし、今日は日曜日。 残念ながらお店は6時で閉店しておりました。着いた時間は6時過ぎで、ハロッズのバッグを持った人たちが多数地下鉄に乗り込んで 来ました。なんか残念…。周辺のお店は7時まで開いているところもあったけど、多くは閉まっていてちょっと 閑散とした感じ。写真を撮った後、この辺りで夕飯を食べようと思ったけれど、ちょっと歩いただけでは「これ」というものが 見つからず、ど、どうしようかーーーということになってしまいました。

ハロッズ


ちょっと歩くと去年泊まったホテルの辺りに着くので その辺までいくか、サウスケンジントンのあたりを歩いてみるか…色々手はあったと思うのですが、予想外の閑散さに この辺を当てもなく歩くのも辛いのでは、、、などと思いはじめ、とりあえず今回泊まっているB&Bの周辺で食べることにするか、 ということになったのです。しかし。この案が間違いのモトでした。とりあえずバスで帰ろうと、バスを待っていてもバスは全然来ない。 ようやくバスが来て、乗り込んだはいいものの、キングスロード沿いのどこかで降りようとバスを降りるタイミングを見計らっていたのですが、決心の付かぬまま ずるずるとバス停が過ぎ行き、ついにB&Bのバス停についてしまいました。ど、どうしよう…。このあたりにも何軒かレストランはあったのですが、りすちゃんを連れて入るような 雰囲気のところは何もなし。ああ、どうしよう〜。。。そうこうしているうちに8時も回ってしまい、りすちゃんの食べる時間どころか 寝る時間が近づいてきてる〜!

困った、困った、困った…と歩いているうちに私はかなり疲れてしまい、もう夕食はなくてもいいや、という気分になってしまいました。 とりあえず、少しだけ戻ってみて、何も無さそうだったらこの11時まで開いている小さなコンビニのようなところで果物でも 買って食べるだけでもいいや、、、と、思い始めたところ、一軒のイタリア料理店を発見。周りは閑散としているのに、ここは かなり盛り上がっています。中を覗くとたくさんの子供用の椅子が積み上げられていて、、、ここなら入っても大丈夫かも?と いう気になりました。

真剣にメニューを見るりすちゃん


このような事態でも、りすちゃんはけなげで、レストランに入って座るとようやくご飯が食べれるーと思ったのか、とっても うれしそう。うう、りすちゃん。えらいよ〜。。。だんなはスープとパスタを頼み、私はリゾットを頼みました。 ご飯が来る頃にはすでに9時!!をまわっていました。りすちゃん、さすがに眠そう。。。お店の人は、こんな時間に訪れた 小さなゲストを歓迎してくれ、りすちゃんのところにやってきてはあれこれ話しかけてくれました。味はまったく期待してなかったのですが、 ところがどっこい、意外と美味しく、イギリスにしては思いがけず良い夕食になりました。このレストランを見つける前は、 もう食いっぱぐれる!と思っていただけに救いのレストランでした。

帰るとすでに10時!!もうりすちゃんは寝る時間なのですが、ようやく遊べる〜!!と、おもちゃに飛びついてしまいました。 その姿がまたけなげで…うーん、ごめんね、、、りすちゃん、と思いつつ、つい11時前まで遊んでしまいました。すごい宵っ張りだよ。 今日は特別だね。





 お薦めのコンテンツ


とっておきのヨーロッパ

ガイドブックとは一味違うとっておきヨーロッパ

プチホテル・B&Bふぁいる

ヨーロッパ各地のお勧めプチホテル、B&Bを少しずつご紹介中

オランダ観光案内

オランダ旅行の方はこちらをご参照ください


Copyright (C) そらのおらんだ通信
All Rights Reserved.